1 :名無しさん@おーぷん:2015/06/10(水)14:47:36 ID:8su
 
京都市動物園は5月30日から、「ヤブイヌ」の公開を実施している。

イギリスから来園したメスの「パパヤ」を公開

今回公開されるのは、3月27日にポートリム野生動物公園(イギリス)から来園したメスの「パパヤ(Papaya)」。
「ヤブイヌ」はパナマ、コロンビア、ガイアナおよびブラジルなどの森林や林緑の沼地に生息している。
体長は58~75cm、体重5~7kgでずんぐりとした体型をしており、外見はあまりイヌらしくない。

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストには準絶滅危惧種(Near Threatened)「存続基盤が脆弱な種。
現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては絶滅危惧に移行する要素を有するもの」
として記載されている。国内では同園のほかに4園(よこはま動物園ズーラシア、名古屋市東山動植物園、
愛媛県立とべ動物園、埼玉県こども動物自然公園)で飼育されている。

公開場所は、ヤブイヌ舎屋外メイングラウンド。なお同個体は、平成26年12月11日に
イェスパーフス・ジャングルズー(デンマーク)から来園したオス「デンマル」との間で繁殖を目指すという。

http://news.mynavi.jp/news/2015/06/03/022/
 
001l

002l


【京都市動物園、準絶滅危惧種「ヤブイヌ」を公開】の続きを読む